第1回中国(北京)国際サービス貿易交易会に参加しました。

弊社ブースの写真第1回中国(北京)国際サービス貿易交易会のジャパンパビリオンとして、出展いたしました。

日時:平成24年5月28日(月)~6月1日(金)9:00~17:00

場所:北京国家会議中心

北京市と商務部が主催する初めてのサービス交易会。「サービス」という大変分野の広い展示会であったことから、出展企業も1000企業以上あったのではないでしょうか。

弊社は、「障がい者の社会参加をサポートする」をテーマにジャパンパビリオンの一員として参加しました。ジャパンパビリオンは、全19社の参加がありました。

最終的な来場者数は102,000名と聞き、ビックリしましたが、会場が広いので、この数も納得です。

展示会場では、中国で特別支援学校を経営されている方や、障がい者向けの製品を研究している大学の先生などにもお会いし、いろいろな有益な話を聞くことができました。

また、北京盲文図書館にも視察に行きました。大変立派な施設で、中国政府が福祉政策に大変力を入れていることがわかりました。

図書館の中には、手で触れることができる博物館があり、ピラミッドやスフィンクス、孔子、北京空港まで、手で触ることができます。写真を見ることができない人達が、手で触って体感できることはとても大事だと感じました。日本にもこのような場所があったら良いと思いますが、予算がかかることは難しいでしょうね。


コメントは停止中です。