このサイトについて

なずなWebは、年齢、ハンディキャップ、パソコン環境などに関係なく利用できるホームページを、世の中に一つでも増やすことができるようにトータル的な情報を提供いたします。

目的

アクセシビリティを広く認知させる。

高齢の方や心身にハンディキャップを持っている方でも、利用することができるホームページのことを、アクセシビリティなホームページといいます。広い意味では、光ケーブルなどのインフラが整っていない場所でのパソコン利用や、JavaやCSSを利用できないパソコンでの利用などへの配慮も含まれます。
最近は、情報バリアフリーや、デジタルデバイド(情報格差)などといわれ、アクセシビリティが必要であることは、徐々に認知されてきました。
しかし、公共施設のバリアフリー化や、商品のユニバーサルデザインほど、まだ一般的ではありません。
アクセシビリティなホームページを普及させるためには、まず知ってもらうことが重要です。
中小企業や、Web制作会社、一般ユーザーにも理解してもらえるように、情報をわかりやすく提供いたします。

アクセシビリティにするための技術を広める。

アクセシビリティには、国際標準のWCAGやJIS規格などで、標準的なガイドラインが制定されています。
しかし「ガイドラインに準拠=アクセシビリティ」ではありません。
「画像に代替テキストを付ける」のように、出来ることから一つずつ手を加えていくことでアクセシブルなホームページが増えていきます。
無理せず出来ること、をわかりやすくご紹介します。

 

実際のユーザーの声を届ける。

アクセシビリティの本来の目的は、ガイドラインを満たすことではなくユーザーが使いやすくなることです。
実際のユーザーの声を届け、思いこみではない適切な配慮ができるよう情報を提供していきます。